iPhone/iPadアプリのバージョンをダウングレードする方法(Mac)

いつも使ってるiPhone/iPadアプリにアップデートがあってiTunesで更新。そしてそのアップデートが糞アプデだった場合、ダウングレードして前のバージョンに戻したい!ということがたまにあると思います。

開発者がアプリをバージョンアップするのは何らかの理由があるわけで、結果が多少糞でもそっとしておいてあげてほしいところですし、どうせそのうち慣れます。しかし、一応ダウングレード方法を記載しておきます。

– 以下はMacでの検証です。
– すみずみまで検証したわけではありませんので、環境によっては動かないかもしれません。
– 今後iTunesの仕様が変更されるなどで使えなくなる可能性があります。
– おかしなことになった場合、当方で責任はとれません。

例として、Lightning Talk Timerの2.1を復活させてみます。

1. ゴミ箱をあさる
iTunesでアプリをアップデートした後にゴミ箱を空にしていなければ、ゴミ箱の中に前のバージョンのバイナリが残っているはずです。
「種類」の行をハイライトして、「iOS App」を探すと、いままでのバージョンアップで捨てられた昔のバージョンの残骸がたくさん残っていると思います。

復帰させたいバイナリをゴミ箱から出しておきます。

2. iTunesでアプリを消す
バージョンを戻したいアプリをiTunesのアプリ一覧から削除しておきます。
アプリを右クリック。

3. 旧バージョンのアプリをiTunesのウインドウにドロップする
するとApp画面に古いバージョンが登録されます。

4. 転送前にiPhone/iPadからアプリを消しておく
アプリ長押し→×でアプリを消しておきます。
こうしないとiTunesから旧バージョンが転送されません。
むしろ今デバイスに入っている新バージョンでiTunesのアプリが上書きされてしまう恐れがあります。

5. iTunesで同期する。
で古いバージョンのアプリをデバイスに転送します。
これで完了です。

iTunesにまだ古いバージョンが残っている場合

iPhone/iPad上でアップデートしたので、iTunes上のアプリバージョンが古い場合は、まずデバイスからアプリを削除して、iTunesと同期させるだけで元に戻せます。

気が向いたら新しいバージョンを使ってあげてください。

# 開発者としては、アプリもサイトもそうですが、どこかで手を抜くと一生帰ってきてくれないお客様がいるものなので、メジャーバージョンアップには相当気をつけないといけませんね。あと、急激な使い勝手の変化は致命傷。☆が減ると新規DLが目に見えて減ります。

One thought on “iPhone/iPadアプリのバージョンをダウングレードする方法(Mac)

Comments are closed.